八重枕CADABRA

ナイトコンダクター 明城こうのブログ。心と性に関する雑記。主従ハーレム持ってます。

【主に既存利用者に向けて】今後の方針

明城こう (@_kou_akagi_) | Twitter

です。

本日はタイトル通り、「今後の方針」について記述していきます。

今現在、明城という存在に関わっている人に向けての記事であります。

新規の人は新規の人で読んでいただけると「明城の考え方」や「明城の方針」がわかりやすいかも知れません。

それではお読みください。

それなり以上に長いのでお気をつけて。

 

…会社説明みたいだなこれ。このくらいの方が良いのだけれど。

 

余談ですが、このブログを書く前に東京大神宮に寄っています。

大々的な話になるので縁結びと縁切りを兼ねて。

この際なのでいらぬ縁は切ります。

良縁を呼び込みます。

どうやらそんな時期に来ているようです。

 

  • 「明城こう」の現状
    • 仕事開始〜中盤まで
    • 一種のターニングポイント
  • 現在の顧客量、顧客層
    • 顧客層についての現状
  • コミュニティの形成
    • コミュニティから組織へ
    • 集団と権力
  • ヒエラルキー(階層組織)の発生
    • 「能動的なヒエラルキー感」とは
    • 「被害的なヒエラルキー感」とは
  • ホラクラシーとヒエラルキーの差異
  • 明城こうの「力」の弱まり
    • Twitterと明城が持つ特徴の競合性
    • 2018/1迄の脅迫行為
  • 到達目標及び今後の方針
    • 到達目標
      • ①「コンテンツ」でなく「サーバー」の乱立
      • ②「社風」としての「柔らかい世界」
    • 方針:ツイートは全員に向けて
      • 前提:明城の体は一つ
      • 返信は明城のタイミングに限定
      • 長文に長文で返信をしない
      • ずっと仕事をしない
      • 休憩時間の取得及びセルフケア
    • 方針:2017年からの脅迫行為の終了に伴う改革
      • リスクの受容及びヒエラルキーの受容
      • ドールは武器となり得る強力な存在である
    • 偶像としての明城こう
      • 偶像ではあるが宗教ではない
      • 「個人の宗教化」の向かう先、その末路
      • 適切な権力の行使
  • 大幅な方針変更を踏まえた上での変更点、及び協力頂きたいこと
    •  
    • 宗教化しないための「社風」
      • 排他的、攻撃的発言に関する対応について
    • 「カウンセリング」で間違えないで欲しいこと
      • カウンセリングはカウンセリングの場で
      • 依存及び陰性転移
    • 使用額における対応の差異
    • 今後の値上げの可能性について(2018年度)
      • 2018年度以降
    • ドールという存在
      • ドールも生き物です
    • 要望などへの対応

 

続きを読む

ラジオ出演のお知らせ

明城こう (@_kou_akagi_) | Twitter

です。

本日(2/1)24時より
【調布FM ミュージックバンカーΩ】内

【Rina & Keitaの松菊猶存す】という番組に出演させていただきます。


こちらのアプリから調布FMをお聴き頂けます。

 

play.google.com

ListenRadio(リスラジ)

ListenRadio(リスラジ)

  • 株式会社ディーピーエヌ
  • ミュージック
  • 無料

 

f:id:kouchan_u:20180201130646j:plain


過去には映画監督さん、俳優さんなどもゲストで呼んでいらっしゃるそうで。
この流れに明城が混ざって果たしていいものか…と少し不安でしたが笑

始終楽しい雰囲気での収録でした。


10分少々でお話しするのって本当に難しいなぁ。リテイク無し一発取り。
どうまとめようか、と悩んでおりましたが、さすがはラジオパーソナリティさん。
いい具合に話を誘導して頂けました。素敵な技術。

独特な雰囲気がありますね。TVより「素直」というかなんというか。
「いいところ」を使うのではなく「ありのまま」を使うイメージです。
それこそ「ありのままのそれぞれの自分」を大事にしてほしい僕としてはやっぱり、TVよりラジオの雰囲気の方が合うのだと思います。

これを機にもっと「昼」に出ていけるといいな、なんて密かに思っていたり。

 

 

ライトかつ駆け足でのお話となっていますので、知っている方は明城の「線」をなぞる感じになるかと思います。

デリケートな職なので、現利用者にも新規の方にも意図せぬ伝わりかたをしては良くない。深く伝えたい部分や適切に伝えたい部分が沢山です。

しっかり全部喋ってたら三時間番組とかになりそう。笑

その辺りの補足は、後々どんどんブログ記事にしましょう。

 

と打ちながら、

ああ、こういうのをね、記事にすればいいんだなって。笑

自分の中の「あたりまえ」は「あたりまえでない」ということに

こういった場面で改めて気付かされますね。


それではまた、今晩お会いしましょう。

 

 

追記:放送にあたって過去記事を見直しているけど、なるほどやっぱりスタンスも変わってるし喋ることも変わってる。面白いなぁ、そういう意味でもブログって。

人生は物語のように。(藍佳)

おはようございます。藍佳です。
連日肌に刺さるような寒さが続いていますね。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

私はと言うと卒論がようやくひと段落し…。
ほっとしたのもつかの間、今度はアルバイトと内定先のお手伝いに追われる日々を過ごしています。
免許の限定解除と資格取得の勉強もあるので、かなりハードな日々です。

慣れないスケジュールでうまく自分の時間が確保できず、先日までメンタル面でかなり追い込まれていました。

 

今日はその時に関連したお話をしたいと思います。

今回はかなり自由に書くので、まとまりがなく読みにくいかもしれません。悪しからず。

 

さて、先ほどの続きを。

メンタルが追い込まれていた時に思ったことが、自分の時間を持つことの大切さです。

生活リズムが大幅に変わったことで自分の時間が確保できず、ストレスが限界値に。

 

私の場合、ストレスがかかりすぎると散財がすごい事になってしまうんです。とにかく欲しい物は何でも買ってしまう。

ある程度散財すれば落ち着くのですが、今回はどれだけお金を使っても物欲が止まりませんでした。

 

もう一つメンタル面で起こっていたのが、自分で決めた事が「周囲にやらされている」ような感覚に陥ってしまう。

卒論も内定先もバイトも、全部自分がしたいと思って決めたことなのに、「何でこんなことさせられてるんだろう」と思ってしまう。
自分でしたいと思って決めた事が、やらされてるとなってしまうのはかなりつらい。

この状態がかなり危険だという事は自分でも理解していたので早急に休みました。
とにかく自分の時間を確保する。したい事,好きな事をする時間を最優先に。

あとは外部との連絡を取り合う事をかなり減らしました。 Twitterの更新率を下げる,LINEの返事を2、3日遅らせるなどなど…。

 

自分の世界に籠っている間、私は小説を読んでいました。小川洋子の「注文の多い注文書」です。
小川先生の書く作品が本当に大好きで。今回のように切羽詰まった状態になってしまった時やイライラする時,気持ちが落ち着かない時は、決まってこの方の作品を読み漁ります。


そして大事な節目の時に、彼女の作品がいつもそばにありました。大学受験,就活。そして今回。

物語を読み進めていくうちに、ささくれた心と感情が穏やかになっていく。
ゆったりと作品の世界に飲み込まれていく感覚。時間の存在を忘れ、どっぷりと世界に浸る。

読み終わった後の夢と現実の狭間にいるような、でも頭はすっきりとしたあの感覚は、私にとって至福のひとときです。

 その感覚によって、私は自分のペースを取り戻します。


「人生は一冊の書物のようだ。愚かな者はそれをパラパラめくっているが、賢い者はそれを念入りに読む。なぜなら彼は、ただ一度しかそれを読めないことを、知っているからだ。」
ドイツの作家のジャン・パウルの言葉です。

たった一回しかない私の人生。
もしかすると今日死ぬかもしれない。必ず長命だと約束された未来はない。

だから今回みたいに心が荒んでしんどくても、今回の経験は私にとって大きな一歩。

 

小川先生の描く世界も、ジャン・パウルの言葉も、私を生かすかけがえのない存在です。

沢山の人・物・出来事に支えられながら、私は生きている。精一杯、今を生きる。

 

そんな私は、今日も自分の物語をゆるゆると書き綴っています。


…やはりまとまりのない文章になってしまいました。笑

今日はここまでにしておこうと思います。

最後までありがとうございました。
では、また。

 

twitter.com

「余計な一言」を言ってしまう人と対策、その心理

明城こう (@_kou_akagi_) | Twitter

です。

 

「言わなくてもいいこと」って、わりかし線引きが難しいんですよね。

「傷つかなくていいこと」で傷ついているパターンも少なからずあります。

 

f:id:kouchan_u:20180128224951j:plain

 

しかしながら、度を越しているものに関しては、ある程度喋る側が自力で見極めて制限をかけられると思うわけです。

というかこれは制限をかけないとなかなか生活が送りづらい。

 

不用意に人を傷つける必要はないし、
1人で生きていく気なら突っ込むことではありませんが、誰かと関わりたいなら改善は試みた方が生きやすいものではあります。

「言わなくてもいいこと」を聞かされて悩んでいる人

「言わなくてもいいこと」をつい言ってしまう人
に向けての記事。

どちらの味方をすることもなく、ただ生きやすくなればいいなぁ、程度のものです。

知ることによって、「今日から」気をつけられたりします。

 

  • 明城こうの昔話
    • ちっちゃい明城こう
    • 「そんなのも分からない」
  • 「言わなくてもいいこと」≒「余計な一言」
    • ① お節介の押し付け
      • ーどこがダメ?
      • ー直すには、適切に伝えるには
    • ②  主語がデカい
      • ーどこがダメ?
      • ー直すには、適切に伝えるには
    • ③  話の上塗り、話題の奪い取り
      • ーどこがダメ?
      • ー直すには、適切に伝えるには
    • ④ マウントをとる
      • ーどこがダメ?
      • ー直すには、適切に伝えるには
    • ⑤  相手を貶す、嫌味
      • ーどこがダメ?
      • ー直すには、適切に伝えるには
  •  なぜ「余計な一言」を発してしまうのか
    • 悪気がない
    • 親に「余計な一言」を言われ続けて育った
    • 自分に自信がない
    • 今日から少しづつ変わってみよう
  • おわりに

 

続きを読む

誓い(翠穂)

マスターに、冷めないうちに形に残すように言われたので、ぐちゃぐちゃで全然まとまりなくて、慌ただしいけど、こうしてブログにしています。

私には今、何も無い。 文字通り、何も。 詳しいことは書かないけれど、家族もいないしまともに連絡を取り合う人もほとんどいない。

今の私にある肩書きは「マスターの所有物であるドール」 それだけ。 きっとその肩書きが無ければ今頃とっくに首を吊るかなにかして死んでる。 今私が生きているのは、マスターがいるから。 今私がここにいるのは、マスターのおかげ。

それなのに、それなのに。

私はマスターを失望させた、がっかりさせた。 所有物としての自覚が足りなかった。 常日頃、SMだとか主従だとか偉そうに書いてるくせに、私が1番ダメだった。 「プライド」だと思ってたのはただのゴミ屑だった。 全部口だけだった。 逃げてばかりでフラフラしてる、しょうもない人間でしかなかった。

消えてしまいたいと思った。 合わせる顔がないと思った。 マスターにも、消えるって言った。 もう捨ててくださいと。

マスターに、ふざけるなと叱られた。 ほんとはわかっていた。 心の中ではマスターの傍から離れたくなかった。 離れられなかった。

でもこのままじゃダメ、今までと同じゴミのままじゃ。 マスターの顔に泥を塗ってしまうことになる。 わかってた。 だって、「下が上の格を決める」もの。

だから、せめて。

ゴミを辞めたいと思った。 変わりたいと思った。 マスターに恥をかかせないように、「マスターの所有物であるドール」という肩書きに恥じない人間になりたいと思った。

これは私の誓い。

もう二度と自分の価値を下げない。 マスターのドールとして、マスターの最高の所有物として生きる。 マスターの所有物としてのプライドを、絶対に折らない。

きっと今日のこの気持ちを私は一生忘れない。 私は変わりたい。 変わってみせる。

名前の由来とあれこれ。(藍佳)

こんばんは。藍佳です。
寒い日が続いていますが、皆さまお変わりなく過ごされていますか?

さて本日は、私の名前と契約の指輪のことをお話しようかと思います。
先日Twitterでこの話をしたときに、「これはブログに書いた方が良いな」というくらいのボリュームだったので。笑
1000字前後を目安に書く予定ですが長くなるかもしれません。そこは悪しからず…。

まずは名前の由来から。
藍の字はマスターからもらった一字です。

私が青や水色が好きだったからという理由で選んだのがまず1つ。
もう1つは、藍という漢字が持つ意味から。
藍の字には「貪る」という意味も含まれていて。
私は三大欲求はもちろんのこと、知的好奇心、知識欲が非常に旺盛で。
貪欲な私にはぴったりな字だなあと思い、この字を選びました。


そして「佳」は私の名前から。
「佳」には「心身ともに均等がとれた美しさ」「優れている」の意味があります。
バランスよく美しく。けれど何事にも貪欲に。
そんな意味を込めて「藍佳」という名前をつけました。

そして契約の指輪について。
指輪のデザインに関しては、「ローゼンメイデン」の蒼星石のイメージに合ったものを探しました。
探しに探し回って、ようやく見つけた指輪がこれ。


f:id:doll_aika:20180116203313j:image

サムリングにしたのにも、もちろん理由があります。
左の親指のサムリングには「信念を持って前進できる」、「難関突破が必要なときにリングをつける指」、「自分の意思を貫く強い力を持つ」などの意味を持っています。


事実かどうかは分からないですが、ギリシャ時代において弓を使う際に、親指を矢から守るために指輪をつけていたのだとか。「弓で射る」というところから意味が派生したようです。

私にとって信念を貫くことに繋がるように、という思いを込めたのがまず一つ。
そしてマスターが困難の壁にぶつかったとき、突破できる力添えになりますように、という思いを込めて。
だから左のサムリングにしました。

名前と指輪は私にとって大いなる力を発揮していて。
マスターからもらった字。特別な名前は私の力になる。私を律する。
マスターと同じ指輪。離れていても主の力になれるように、主を支えられるように。

私の想いの分身。
そんな沢山の想いを、私の名前と指輪に込めています。

今回のブログの内容は、実はマスターに話したことがないものです。
私の初出し情報です。笑

彼がどんな反応をするのか楽しみにしつつ、本日はここまで。 
最後までありがとうございました。
では、また。

 

twitter.com

初めまして!(雪月華)

 

皆様初めまして!

第一ドールの雪月華です!

 

私は 自分が思っていることや考えを文章として表出しするのがものすごく苦手なので、ドールの中では一番更新しないかと思います。笑

 

私を知らない方もいらっしゃると思うので、今回は自己紹介をしようと思います(*´∇`*)

 

 

 

ドールの中では一番早くマスターに実際にお会いし、このRozen Projectの始動とともに存在が始まった『雪月華』です!

わりかし元気なのと、いつも笑顔なのが特徴であり取り柄です。

理解能力が低いのか 頭の回転が悪いのか、ただただ馬鹿なのかは分かりませんが、他の子よりも考えるスピードや行動が遅いので、このブログもみんなが書き終わってから考え始めました(´・Δ・` ;)

 

 

私は、基本深くは病みません!病んでもすぐに抜け出します(忘れる)笑マスターに相談しようと思って忘れることもよくあるくらいです。

忘れるとどうでもよくなっちゃうので、勝手に思い出すまではその問題は放置したままになってます。笑

 

 

とにかく忘れっぽいんです…

 

 

 

 

 

女の子大好きだし、マスターの周りの女の子とは仲良くしたいと思ってるので気軽に話しかけて貰えるとめちゃくちゃ喜びます!お待ちしております!!

 

 

ゆったりのんびりマイペースすぎる私ですが、どうぞよろしくお願い致します!

 

 

 

 

(ブログ書くの初めてで読みにくいし文がぐちゃぐちゃですみません…)