八重枕CADABRA

読んだよってメンションがあると射精しがちなブログ。初めての方は「当ブログについて」を参照ください。

はじめまして

 

初めまして。何度もこの文を読んでる物好きな方は、おかえりなさい。

明城こう (@_kou_akagi_) | Twitter

と申します。

固定ツイート及びnote、当ブログにお目通しを下さいまして、ありがとうございます。

あなたに出会えた事を嬉しく思います。

 

続きを読む

【思考言語化・解説企画】仕事で「期待」されるのが不安【見捨てられるのがこわい】


思考言語化企画、第二回です。

 




第一回 は こちら!

kouchan-u.hatenablog.com

 

 

今回の「言語化」はこちらです!

注:
本企画は送られて来た断片的な情報から「判断」するので
精細な情報までは突っ込むことができません。ご了承ください。

f:id:kouchan_u:20180602170056p:plain

f:id:kouchan_u:20180602170110p:plain


ということで、ご応募ありがとうございます。

まず、この方の文章を読んで最初に思ったのは…

続きを読む

新たなスタート

どうも、パフェを食べ終わって気付いたら服にアイスが落ちていました、紅稀です。

 

 

 

最近、私は思いがけない事に気付かせてもらいました。

「姉のことを盲信している」


私の姉はカッコよくて、面白くて、ちょっとドジで、良い感じに適当で、とにかく私は姉のことが大好きなんです。

 


今まで、両親にはやりたい事はやらせてもらえて、それにお金がかかれば出してもらえましたし、その為の送り迎えもたくさんしてもらいました。

小学生の頃から、ピアノ、書道、水泳、塾、英語、剣道と色々な習い事をしてきましたが、習い事は全て姉の影響です。姉がしているから、私もしたいと。

姉と違ったのは、スイミングスクールの場所だけ。

 


学校は全て姉と同じ所を目指そうとしました。

(学力が足りなかった為断念←)

 


職も職場も姉と同じ。

どこまでも背中を追い続けました。

姉が叶えられなかった夢を、「私の代わりにその世界を見てきて欲しい」と言われて実行しました。

もちろん、年齢も学校も違うので全てが同じだった訳ではありませんし、仕事も部署が違うので、経験値は全く違います。

 


ですが、姉がいないと、姉に相談しないと何も出来ない状態に陥っていました。

 


1ヶ月程前から「この先どうなるのか?今の職場には不満しかない。だからといって、やりたい事ってなに?人生全て間違ってた?私に出来る事ってなに?取り柄もない私の存在意義は?いなくなっても良くないか?」とモヤモヤしていました。全てから逃げたい。何も考えたくない。でも、時間があれば思考がぐるぐるするという悪循環。

 


本当にこの仕事がしたかったのか?胸を張って好きな仕事だと言えるか?

正直、「NO」です。

やりがいを感じる事もあるし、別に大っ嫌いなわけではない。ただ「嫌いじゃない」だけ。

 


仕事以外に特別やりたい事があるわけじゃないので、どうしても仕事に重きを置いてしまうし、選択は消去法。「これとあれとそれの中なら、無難にこれかな~。嫌いじゃないし。」みたいな感じ。

 

 

 

今までのやりたかった事は、姉がしているからやりたかっただけ。

今までの人生が間違っていた訳ではないんですが、そこからは卒業しなければならない。

「私が」本当にやりたい事をやるべきだと気付きました。

 


正直、まだまだ姉から卒業は出来ていません。ただのシスコンだったら良かったんですがね(笑)

 


それでもこの事に気づけたのは大きな一歩だと思っています。

言葉を借りるなら「転換期」

相談に乗っていただいた方々に、良い報告が出来るように、まずは仕事以外で好きな事を見つけようと。模索中ではありますが、続ける事に意義があるので、無理のない範囲で色々と手を出しています。

 

人はそう簡単には変われません。変わるには、苦しい事や辛い事が待っています。でも、転換したその先には、今まで見えなかったものが見えると思います。

そこで新たな価値観や、新たな出会いがあるかもしれません。答えはやった先にしかない。


私にとって、姉からの卒業は新たなスタートです。卒業するからといって、姉のことが好きなのには変わりないし、今まで積み上げて来たものが無くなるわけでも、減るわけでもない。今までのものにさらに重ねていくだけ。


簡単ではないけれど、時には後ずさりも良いし、立ち止まるのもいい。少しずつ、でも確実に前に進めていけたら良いなと思っています。

 

紅稀

note書いたら同居人に「普通を知れ!」とおこられた話。笑



明城こう(@_kou_akagi_)です。

 

昨日の夜、ようやく第三回の「9割虜」シリーズを書き上げたんですよ。

今回のは会心の出来。
決して前回までが手を抜いていたわけではないのですが。

「苦しんで」文章を書きました。
頭の中を出すだけだったので、
第一回、第二回はさほど苦しくなかったのですが
第三回は、特に。
お読みいただいて衝撃を受けた方も多いと思います。

 

故に。
書き上げて、ちょこっとの修正が終わって
ふっと力が抜けた瞬間に
寝落ち。
一瞬携帯を見る。
そしてまた寝落ち。笑


目を覚ましリビングに向かうと、同居人の1人がまだ起きていました。
(明城は男5人でルームシェアをしています。祭りみたいで楽しい)
その中でも、一番付き合いが長い、
もう7年ほどになる奴。信頼を置いています。
何より彼は僕の扱いをよくわかっている。一個下です。

その彼が「話がある」と僕を待っていたみたいです。
え、なんかまずったかな…と思いながら
でも改まるということは大事な話だろうと思い。

僕はスマホの録音ボタンを押して
お話をする態勢に入りました。


以下 同居人→同  明城→僕


同「明城」

僕「はい」

同「お前、普通ってなんだか知ってるか」


僕「普通、普通か。平均値、いろんな人の。
  いいや、最頻値だね。そこから重機で個性を削り取って」


同「そうじゃなくてwwww」


続きを読む

【思考言語化・解説企画】恋愛の「好き」がわからない

明城です。

 

こんな企画をやってみよう、というお話。

 

 

より親しみを持ってもらえるといいなぁ、だなんて。
もう10通ほどいただいています、早い!
あくまでも「言語化」が目的なので、
「もや」を言葉にするだけの、僕の呼吸のような企画だと捉えてください◎

ということで。早速入りましょう。



いただいたDM

f:id:kouchan_u:20180514162458p:plain

 

 

ということで、DMありがとうございます◎


恋愛の「好き」がわからない。
命題ですね。同じような人たくさんいるんじゃないかなぁ。
あくまでも「個人的な言語化」になることを許してください。



セックスの想像ができたら好き、というふうだと
そうだなぁ、僕なら多分相手が誰でも好きって結論に至ってしまう気が…
あ、不潔とかはNGですよ。
汚い相手とは想像もしたくないです。


ロマンチックとは程遠い話をします。


そもそも「好き」というのは言葉で説明できるものなのでしょうか。
「どういうところが好き」「こういうところが好き」
というのって、後からどこからでも付け足せちゃいますよね。

同じように、「ここが違う」「ここはちょっとなぁ」
みたいな部分も。


物事の理由は、様々。
本質的なものでない限り「後付け」でいくらでも探すことができます。
「すき」ってそもそも、考えるもんなんでしょうか。
感じるものじゃないですか?




「好き(恋)」がなぜ起こるかと言われれば、
恋愛ホルモン・PEA(フェニールエチルアミン)の放出によるものです。
俗にいう「きゅんきゅん」の状態を引き起こすのがこのホルモンです。


問題は、「あなた」が何を欲しいのか。
きゅんきゅんなら、「刺激」が足りていないのかもしれません。
合理的、理性的に判断する時、PEAの分泌は抑制されます。


また、脳とは面倒なもので
いろんなものに「学習」を重ねてしまいます。
すきかもとおもう→やっぱりちがうかもとおもう
これを繰り返していると、
どんどん「あ、同じ状況だから出さなくていっか、PEA」と
脳が判断して、「きゅんきゅん」させなくなってしまうのです。


「きゅんきゅんの時間が短くなる」
「してたと思ったら冷めている」
「したと思ったらなくなっちゃった」
「恋って…好きってなんだ…?」
というような感じ。


なにか「理性的にならざるを得ない経験」をしましたか?
「相手を簡単に信じてはいけない」という経験を、しましたか?

それとも、「なにか悪いな」だったり「自分じゃどうしようもないな」
「嫌われるかも」たったり、「なんだこいつ」っておもわれるかも
だったり、極端な自信のなさだったり。
こういうことがあると、「恋」が、できなくなります。


加えて。
上昇していたPEAが急激に少なくなると、鬱に近い状態になったりもします。
会っている間は好きでも、そうでない間は落ち込んでしまったり。
会っている間にも、いきなりネガティブになって落ち込んでしまったり。
そんな経験、ありませんかね。



1人の時間がないと狂う。マイペース。
「自分の保ってるペースを乱されたくない」
というのも根底にありますね。


ペースを乱されると、言わないけどもやもやが募っていったり。
んで、あれ?違うのでは、と。
1人の時って何も気にしなくていいですからね。
いわば、しがらみから解き放たれた状態。



先ほどもお伝えしましたが、「好き」ってのは感じるものです。
考えるものじゃない。


ふだんから、ものをたくさん考える癖があるのかもしれません。
もっと、感覚に、素直に。気を使いすぎない。



「自分をあまやかす」のと「感情に素直になる」って違うんですよ。
「らくなもの」と「すきなもの」も違います。


「いいひと」であろうとしなくていいです。
それは「つごうのいいひと」で
「どうでもいいひと」です。


気づかないところで「色々我慢しているのかな」と思いました。
その我慢が、「恋ができない」「すきがわからない」という形で
出て来てしまっている。


そのメカニズムと裏付けは、上に書いた通りです。




そんなかんじ、ですかね。
気持ちの動きに、素直に。
好きは「感じるもの」
すきをうまく感じられない理由は、
いろいろ考え込んでしまったり、自分を抑えたりしがちだから。
けど、抑えない自分は、はたして、愛されるのでしょうか?
そういうところの不安を見つめてみたら良いかと思います。

以上、言語化でした。


(あれ?悩み相談になってないかこれ?)

「いや、王になりたいよな」 あるきっかけで自らの「美学」を適切に認識した話。これから文章を頑張る人へ。

明城こう(@_kou_akagi_)です。


すごくブロガーっぽくて
すごくアフィっぽいタイトル
をつけた気がします。笑


直情的に文章を書くべきだ、と今思ったので、
脳がサボる前に書いてしまいます。(重要)


明城は、最近になって「文章」を学ぶ機会が増えました。

文章で人の心を動かす、自分を人の心に届ける。
それを「もやもや」とした枠のない行動から
テクニカルな計算された行動に落とし込みたい。

その一心で。

 

続きを読む

誰かに届け

こんにちは。紅稀です。


ブログを書こうと思うのに、話題は無いし、書くととっ散らかるので悩んでます。

そしてタイトルも思いつかず、頭の悪さが露呈しています←

 


せっかく、全く別の界隈から来たので、マスターと会うまで、会った後の事を詳しく書いてみようかと。これで、マスターに会うか迷ってる方の後押しになれば嬉しいな…♪

 

 

マスターをフォローしたのは約1年前(実はかなり前からフォローしてた)。当時のフォロワーさんのいいねで流れてきたのがきっかけでした。この人面白いな、言ってる事が的を得てるなと思いフォローをし、たまに流れてくるツイートを眺めてました。そこまで追うわけでもなく、自分のTLにツイートがあれば見る程度。相談するような事も、悩みも無かったので、話してみたいとは思ってましたが、眺めるだけでした。

 

 

連絡を取り始めたのは9月。

私には、学生時代ずっと好きだった幼馴染がいました。幼馴染なだけあって、仲は良いです、今でも。歴代の彼女は全員知ってるし、恋愛相談も人生相談も幾度となく乗りました。そんな事をしているうちに、「私はこの人と手を繋いだり、キスをしたり、セックスする事が出来るか?いや、想像出来ない!」と思った瞬間に、気持ちが冷めたのです。


ところがある日

 

 

 

 

 

「俺、結婚した」

と連絡が来ました。

 


まさかの事後報告ですよ。

何故か分からないけど、涙が溢れ、訳の分からない感情でいっぱいになりました。

その時からずっと、何故泣いたのか…吹っ切っていたはずなのに、とずっとモヤモヤしていました。


話すきっかけになるような事があるじゃん!と思い、その事をマスターに話してみたら、私の胸にストンと落ちる返事を頂き、「そ!れ!だ!」ってなりました(笑)

何故泣いたのか、私がはっきり言葉に出来なかったモヤモヤを明確に言葉にしてくれたので、スッキリしました。


そんなやり取りをしていると、西日本遠征が決まり、私も他の人みたいに、色々思考を読まれるのかな?Mの要素あるかもしれない、会ってみたいな!という好奇心から依頼しました。

 

 

 

私のマスターの第一印象は、Twitterよりも子どもっぽいな、でした。ただ、どのジャンルの話を振っても楽しく話が出来て、時間を忘れてひたすら話をしていました。真面目な話はもちろん、くだらない話でも…それは今でも変わらないですが。

さらに、私の知らなかった世界を教えてくれました。心理系はかじった程度だったので、私のペラッペラな知識を多少埋められました。見方ややり方も少し教えてもらいましたが、到底真似出来るようなものではなかったです(笑)


そして、マスターからの私の印象は「元気!隙がない!強い!勝てない!」だったそう…(笑)

 

 

マスターへの依頼は、簡単じゃないと思います。学生なんて特に。私は今でこそ、それなりにお金を頂いていますが、学生時代は時給700円とかで働いてました。4時間働いても、1時間電話出来ないんですよ!?←

 


そんな話は置いておいて。

 


何かを得たい。自信が欲しい。◯◯症(癖)を治したい。SMがしたい。依頼理由は様々です。私なんて、ただの好奇心でした。

なんとなく会ってみたい、でも私は良いと思います。会う事によって、何かが見つかるかもしれないし、見つからないかもしれない。見つからなくてもいい、見つかったら万々歳くらいの気持ちでも構わないんじゃないかと。


全く同じ話をしたところで、受け取り方は人それぞれ。何を得るかも人それぞれ。

人によってはお金の無駄になるかもしれないけど、全く無駄な経験にはならないと思います。

 

私なんかはそうですが、一種のアトラクションのようなもの。お金を払って楽しい時間を得ているだけです。


マスターへ直接連絡を取るのにハードルを感じる方は、私に言ってもらっても構いません。それで依頼に繋がろうが、繋がらなかろうが、何かのきっかけになるのであれば、ドールになった甲斐があります。

 

 

まとまらなくなって来たので、この辺で…何か思いついたら書きます、たぶん(笑)


紅稀。

レビュー①  18歳 超長時間 SM  デート

明城です。

依頼レビューをブログに載せてみることにします。
貯まれば依頼を考えている方の参考にもなるし
どんなことをするのか、の想像もつきやすいんじゃないのかな、と。

案外ダークだったり怖いシーンって少ないんですよ。

 



今回の概要

 


依頼時間:

超長時間(2泊3日)

 

依頼内容:

SM

心理相談

口を噛む癖をどうにかしたい

トラウマ症状の緩和

 

特殊:

明城支配下

 

 

至極勝手ですが、いわば「放牧」です。

上にいて、「敵に回らない」というのは
人によってはすごくありがたい。
心理改善の一助になりそうなのでバリバリ導入。


 

続きを読む