八重枕CADABRA

ナイトコンダクター 明城こうのブログ。 心と性に関する雑記。生きるのが辛い人、セックスを楽しみたい人向け。レビューなども書くかも。

成長過程で全員に空く「心の穴」と「性癖」

明城です。

 

 

はじめに(長いので興味ない人は「さて、本題に入ろう」までスクロールを。)

 

twitterでもお知らせしましたが、twitterとブログで運用方針を変えようと思います。

140字で伝えられるすぐに使えそうな情報、共感を呼びそうな情報はtwitterで。
共感がいらない情報、自分はこう考えているよ、という半ば一方的な配信はBLOGで。

 

コメントはつかないだろうけど、承認制にしました。なぜならここは「一方的」な場なので。僕の本気の主張を知りたい人だけが読めば良い。

それ以外はターゲットではないし、僕はここには譲るような主張は書かないし、脱線はしまくるし、「そうじゃない人がいる」ことはわかっているし、「違うなぁ」と思うなら放っておいて欲しいし、twitterより言い切る。ここは僕のメディアだし、加えて明城は別に聖人ではない。
考えるきっかけ、とか、ものすごくクリティカルなものは取り上げます。


そんな感じでいこうと思う。よろしくお願いします。
Twitterより余程めんどくさくて長ったらしい明城の見世物であり、しっかりと考えたい、吸収したい、自分を知りたい、意思を作り上げたい人向け。

 

押し付けられた自己認知に意味はない。情報を得て、どう使うかは自分次第。

自分のことに自分で気づく力、思考に色を与える力、思考を修正する力。

そんな力をつける補助になれば良いなと思っても、押し付ける気なんて毛頭ないんだよね。それを押し付けると僕なしでは生きられなくなる。いわばそれは教祖化で。

そんなものを僕は望んでいない。いやそっちの方が金は入るんだけどさ。

教祖であれば、欲求を義務として、義務を欲求に紐つける傾向がある。

いわば「税金を払いたい」状態に近いかな。意味わからんでしょ。そういう意味のわからない状況を作るのがそれということ。

んで「自分がしたいこと」と誤解させられて、「体の良い搾取」を笑顔で受ける。

 

僕の羽は綺麗で強いでしょう。
でも僕の羽で飛ぶな。綺麗で強い羽の作り方は教えるから、自分で羽を作って飛ぼう。凄く気持ちいいよ。一番好きな飛び方をしよう。

 

僕の釣った魚は新鮮で美味そうでしょう。
僕の魚は分けない。新鮮でおいしそうな魚の釣り方を教えるから。自分で釣って焼こう。死ぬほど美味だよ。一番好みの魚を釣ろう。


そのかわり、死ぬほど頑張ったその姿はちゃんと出来るまで、出来るようになっても見守っておくから。

 

僕とのセックスは気持ち良さそうでしょう。
僕とセックスをしましょう。最高の瞬間を提供するので。自分から溺れに来よう。死ぬよ。委ねて壊れてね(これは関係ない)

 

 

いや何様だよ、と思った人。

このブログは向いていないと言い切る。回れ右。はい。

…おおんムカつくか?本質的なことを書かれてムカつくってことはお前の学が足りないってことやぞ。帰れ。笑

そういうバカは近くには要らない。バカはうつる。風邪と一緒。レベルが低い人間と過ごす時間が長いと、自分のレベルが下がる。もしくは停滞したまま自尊心だけが肥大して行く。ゴミの完成。やったね。

一生そのクソほどつまらない狭い視野と、狭い常識と、狭い世界の中で、周り全員を馬鹿にして生きとけ。笑
いいじゃん。それがお前の幸せだよ。素敵素敵。笑

ほら帰れwww帰れってほらwwwじゃあのwwwおつかれっしたwwwwwwwwwwwww

 

 

 

帰った?

本当にバカはうつるからね。こういう馬鹿の自尊心をいい感じにいじくり回せばひどく金になるわけど、それも趣味じゃない。

 


そんなこんなで。

できるだけ読みやすい文を心がけたい。

それでも解説調が過ぎるとこう、「固くなる」ので、なるたけ話し言葉で書きたい所存。普段僕の声を聞いている人はどういう「喋り」かわかっているだろうからおそらく違和感はないし、初めましての人も「目の前ではこんな風に喋るんだなぁ」という指標にもなると思う。

しかも前の記事って「つまらん」のだよ。わかるかなぁこの感覚。別に僕じゃなくても書ける。色がない。


随分とBLOGをサボってきたので、フォロワーが伸び始めてから書くのはほぼ初めてかもしれない…。笑
ただ先日壱ノ慈さんとお話をしていた時に、BLOGの大事さを再認。そもそも読む層も違うし。僕のところに来るのはそもそもが考えるユーザーが多いので、BLOG向きなのかもしれない。シンプルに明城とヤりたい!って人も無論すっごく嬉しいのだけれど。笑
僕はいつでもヤりたいのでウェルカムです。

BGMはこちら。直接的すぎるのでお外で流さないように。

www.youtube.com

もしもし?sex please. のところはコールなので(コールなのか?)一緒に歌おう。楽しいよ。

 

 

 

 

さて、本題に入ろう。

「心の穴」と「性癖」。「心の穴」と聞いて、皆は何を思い浮かべただろう?

多くの人が「心の穴」の字面から受けるイメージでトラウマに関連する何かだ、と思うだろう。

もちろんそれも構成要素の一つではあるけれど、それだけを指した言葉ではない。
いわば【成長過程で生まれる「欠乏」】なんだよね。悪いことじゃあない。誰でもみんなに空くもの。

 

「心の穴」というのは、記憶の限り、元はと言えばAV監督の二村ヒトシ氏が使い始めた言葉だったりする。
これは僕の言葉ではないんだよね。ただ、これ以上に適する言葉が他に見つかる気がしない。穴という表現が適していて、分かりやすい。

気になる人は是非著書を読んで見てほしい。「なぜあなたは愛してくれない人を好きになるのか」は、内容がブッ刺さる女性からすれば涙なしでは読めないものだと言い切れる。是非。
モテなくて悩んでいる男性は「すべてはモテるためである」を読んでみると良い。「モテないのはあなたがキモチワルイからだ」という斬新な一文から始まる本。これまた刺さる人にはひどく刺さるよ。

二村氏の著書の話は置いておいて。

 

「心の穴」は成長過程で生まれる欠乏だ、と書いたけれど


欠乏はすなわち欲求なんだよね。欲求は何かしらの形でどうにかしないと「落ち着かない」。

生まれた欠乏が、欲求となり、性癖を呼び起こし、その性癖を埋めたいと思う。

だけれど、欠乏に蓋をしてなかったことにしちゃったり、欠乏が何だかわからなかったり。欠乏はあれど発散先が無かったり。そんな人が割ところころ転がっているんだよ。

そうして欠乏を埋めるにも動機、情動が必要だったりする。必要性を感じないと人は動くことができない。というか必要じゃないからやらない。また、欲求の大きさに人は左右され、欲求が大きければ大きいほど、他の小さな欲求はその中に埋もれている。
例えば僕なら、お金を稼ぎたい、セックスがしたい欲求が大きすぎるので、愛されたい、なんていうのは埋もれがち。

そんなメカニズムをここから先は書くことにしよう。

 


人は足りないものを欲しがる生き物。これは習性として。

 

【お腹が減ればご飯を食べたいし、

睡眠が足りなければ眠いと思うし、

楽しみが足りなければ遊びに行きたいし、

知らないものは知りたいと思うし、

お金がなければお金が欲しいと思うし、

痩せた体型が理想なら痩せたいなぁと思うし、

愛情が足りなければ愛情が欲しいと思うし、

セックスが足りなければセックスがしたいと思うし。】

(【】で括った部分はこの先形を変えて何度も登場するので、注意して読んで欲しい。)

 

ここに現実分岐があったりフィルターがかかったりする。無論、性格によって。

 

欠乏の大きさ、つまり欲求である「心の穴」の大きさは人それぞれ。

あの人は足りてるのに私は足りない、なんてことが往々にして起こり得るんだよね。

それが行きすぎた抑圧だったり、行きすぎた充足だったりすると問題が現れてくる。辛くなったりわがままがすぎたりしてくる。

古代ギリシアでは何事も「ほどほど」がよしとされていた。より昔だからこそ本質を突いている事案も少なくはない。
HカップよりCカップの方が良いということでもある。僕はE〜Fくらいが好きです。すいません。

145cm未満Eカップ以上43kg以下で20代前半、甘ロリ系のお洋服がよく似合うエロいことが好きな女性、もし今この文章をお読みでしたらこちらまでご連絡いただけると幸いです。折り入った話があります。
文章を打っているこの瞬間にも「住んでいる次元が違いますが応募は可能でしょうか」というDMが届きました。可能です。叶うのなら平面になるのも辞さない。

 

 

ここから先は欠乏充足の分岐について書いていく。

便宜上「AとB」を対比させて書くけれど、別にどちらが悪いということはなくて、それに対して批判するつもりもない。自分はこうだなぁ、と当てはめてみてくれれば得るものがあると思う。

欠乏充足の分岐①「実行するか否か」

○○が足りない!という欠乏、すなわち欲求を得た時に人間がとる行動は二つ。

一つは欠乏充足への努力。何とかしてそれをかなえようとする。

もう一つは欠乏自体を回避。欠乏を感じても埋めない、埋めるのが面倒、手間を省きたいなどが優先されることもある。

 

実は相反するようだけれど、面倒だからやりたくない、とりあえず満たせれば良い、も立派な欲求

動きたくない、やりたくないという「欠乏」は面白いことに「育つ」。

物や刺激を与えられすぎると、与えられている状態が普通になっていき、「ない」という状態に耐えられない、もしくは「ない」のが不自然に感じるようになっていく。

動かない状態が不足するようになっていく。

そもそも人間とは変化を嫌う生き物でもあるんだよ。

状態を変化させるにはひどくエネルギーを使うんだよね。

変化を起こせる、ということは相当な決意や勇気がいることをやっているのだから、それはもう褒められて然りなわけですよ。
その反面、某教祖氏が言うように「冬場の便座に座るくらいの勇気が出せない人が多い」というのも事実で。便座に座っても誰も褒めてくれない。立派な事でも何でもない。

なぜ座るかというと「座らないと仕方がない、やるべきこと、やりたいことが出来ないから」なんだよね。物理的な方面では受け入れられるのに、精神になるとダメージに差異が出ることが多く、途端にダメな人は多い。どっちもやっていることは本質的には変わらない。別につり革がつかめなくても、男性恐怖でも死にはしないんだよね。だからやらなくてもいい。

 

しかし、冬場の便座に座れなければ膀胱が決壊して衆目に痴態を晒すことになる。死んじゃうくらい恥ずかしいね。でもそういうプレイが好きなんでしょ?ほら、図星だ。またイッちゃったね。君はみんなに視られながらイくような変態なんだね。恥ずかしくないの?ふぅん、なんにせよ、そんな変態はしっかり躾けないとなぁ。

 

 

欠乏充足への努力をする人はこんな行動をする。

【お腹が減ればご飯を食べにいく、

睡眠が足りなければ眠る時間を作る、

楽しみが足りなければ遊びに行くし、

知らないものは知ろうとするし、

お金がなければ欲しいだけ稼ぐし、

痩せた体型が理想なら理想に近づこうとするし、

愛情が足りなければ愛情を得に行くし

セックスがしたければセックスをする。】

 

並べてみればまあ当然、といった所だろうか。

 

欠乏を回避する人はこんな行動をする。

【お腹が減ったけど別にいいや、

睡眠が足りないけどいいや、

楽しみが足りないけどいいや、

知らないものは別に良いや、

お金がなければいいや、

痩せた体型が理想だけど、いいや、

愛情が足りなければ、それでもいいや。

セックスしたい。いいや。】

 

これも書けば自然。やりたいことの欠乏がそんなに大きくないし、動かないことの欠乏が大きくなれば当然こちらを選択する。

 

 

欠乏充足の分岐②「感情」

 

その努力や回避をどんな気持ちで行いたいか。

簡易的にここでは欠乏充足への実行的な行動をポジティブとネガティブに分類する。

ポジティブな行動だと人は当然満足感を得やすいし、ネガティブな行動だと欲求は満たされてももやもやとした感情が常に残ってしまう。

やりたくないものややる気が起きないものを無理やりやったところで、実はその分ストレスがかかる。そうなると食事と睡眠の例を持ってきたのは失敗だった気がするけど、今から書き直すのもあれなので大目に見てください。

そう、「書き直すのが面倒くさい」という欲求を今丁度明城が埋めたところです。

 

ポジティブ型の人はこんな行動をする。

【お腹が減った、ご飯を食べると幸せ!だから食べる。

睡眠が足りない、眠ったら気持ち良いから寝る。

楽しみが足りない…楽しみたい!遊びに行こう!
知らないものって面白い、少し勉強してみようかな?
お金がない、欲しいものが買いたいから働きに行こう!

痩せた体型が理想。自分も素敵になりたいな。
愛情が欲しい。誰かがきっと愛してくれる、よし、彼氏!
セックスがしたい!最高なのをしよう!】

 

ネガティブ型の人はこんな行動をする。

【お腹が減った、ご飯を食べると太っちゃう、嫌だなぁ

睡眠が足りない、寝たら一日勿体ない、はぁ

楽しみが足りない…周りは楽しんでるのに。

知らないもの、知らないと馬鹿だって思われるよね、やらなきゃ

お金がない、働きたくない、欲しいものもない、でもやらなきゃ

痩せた体型が理想。今の自分が好きじゃない。

愛情が欲しい。誰も愛してくれないけど身体を開けば

セックスがしたい、でも私なんて】

 

欠乏充足の分岐③「受動と能動」


もうすでにめんどくさくなってきた人もいるだろうか。明城は既に文字を打つ腕が疲れてきたよ。なぜなら現段階で5000字が近いから。実に原稿用紙12枚。
欲求っていうのは複雑なんだよね、紐解いていくと。

 

受動的か能動的か。物を得るために自分が動かないか、自分から進んで動くか。

楽しみたい時でも、例えばTVを見るってのは受動的な行為で、ボルダリングをする、なんていうのは能動的な行為。受動的なものは能動的なものに比べ、自分の意志は反映されづらい。インプットとアウトプット、という見方もできるかもしれないね。そして受動的なものはより、思考が止まりがち。思考が止まるとその段階で物事は終了する傾向がかなり強い。批判とかではなく。表面的な欲求が埋まった、ということである。

そして、能動型はいい結果を往々にしてもたらしやすいけれど、いかんせんエネルギーを使う。エネルギーがない時に無理に能動型にシフトしようとすると、行動そのものが持つパワーにやられてしまって自己がつぶれがち。適切なやり方が分かっていないと空回りも多く、結果的に傷ついて終わってしまうことも。

 

受動型(インプット型)の人はこんな行動をする。

【お腹が減った、ご飯を食べると幸せ!何でもいいから食べたい

睡眠が足りない、気が付いたら寝てた。

楽しみが足りない…テレビでも見ようかなぁ!

知らないものって面白い、WEB流し読み…へぇ、いいなぁ

お金がない、今日も会社に行って稼ごう。

痩せた体型が理想。モデルの雑誌読もう!へえこうやって痩せるのかぁ

愛情が欲しい。恋愛ドラマいいなぁ…

セックスがしたい、女性向けAV、はぁ、いいなぁ、んっ】


能動型(アウトプット型)の人はこんな行動をする。

【お腹が減った、ご飯を食べると幸せ!今日はラーメンにしよう!

睡眠が足りない、よく眠るにはどうしたらいいんだろう、寝具変えようかな。

楽しみが足りない…ボルダリングいくか、スポーツしようか!

知らないものって面白い、この本やこの本を買って、読んで。どういう意味だろう。

お金がない、もっと稼ぐにはここをどうにかして…

痩せた体型が理想。筋トレ!ランニング!食事制限!

愛情が欲しい。合コン!恋愛!婚活!

セックスがしたい、彼氏、友達に連絡をとろうかな】

 

 

大体の分岐はこの三つ。
実行するかどうか。ネガティブかポジティブか。受動か能動か。


欲求を充足したとき、一番満足度が高いのは「能動的にポジティブに動いた時」。

当然、一番満足度が低いのは「受動的にネガティブに動いた時」。

更にここに様々な環境要因や心理作用が加わるのよ。
逃げられない状態だったり、嫌われたくなかったり、行動がこわかったり、やらなきゃいけないことだったり。
自分では無理だからと満たすことをあきらめて攻撃に転じてみたり、空想の世界にいってみたり。仕方ないんだと思い込んでみたり、欲求を抑え込んでしまったり。
後半のは「防衛機制」というのだけれど、長くなりすぎるのでまた別の機会にお話しようと思う。

 

んで当然、性癖という「欲求」「欠乏」を充足するにも「能動的にポジティブ」に動けば寄り満足度が高まる。そこに抑圧なんて必要ない。
でも性癖は認知しているもの以外に、抑圧されて埋まってしまっているものもある。そこを普段の会話や家庭環境等から推察していく。


成長過程で空いた「心の穴」が会話や行動に現れる。


例えば我慢することを強いられてきた人の場合。

 

当然と言えば当然だけれど、我慢することが当たり前になっていて、自分を休ませる方法や褒めてやる方法を忘れている。
つまるところ自分で自分を虐めぬいてしまう。気づかぬうちに追い込み、たどり着く先はストレス過多の鬱や過食。当人はそれに気づかない。凄く忙しそうなのにそのそぶりを微塵も見せないで、戦っていたりする。


辛いことと常に対峙しているのに、褒められる機会が少ない。

でもそうすべきだからする。
ご褒美はない。そうすべきだから。自分の居場所が徐々に分からなくなる。


この人の「心の穴は」「終わり」と「安定」と「褒め」である。


ここまで耐えれば大丈夫というラインを、枠組みを決めてやる。頑張って耐えてもらう。

ここまでは普段と変わらないが、ゴールが待っている。

いつもは見えないゴールに向かっていつものように頑張り、終わったころに、全力で褒める、全てを。
その人は涙を流す。
その時が「終わったから」だ。「終わったこと」をわかり、「明確で安定した終わり」があり、更に「褒め」が追撃で入る。


性癖ど真ん中のセックスをしたとき、涙を流す人は多い。それは求めていたから。求めても求めてもたどり着かないもの。


笑いながら節操なく体を開き派手なセックスを繰り返す人だってそう。

 

欲しいのは愛情かもしれない。足りない父性を「男性性」を感じられるセックスで代替しているだけかもしれない。普段のセックスは自傷的で、実はしながらどこか遠い目でものをみつめていたりして。

このひとの「心の穴」は「愛情」と「安心」。

セックスは実は必要ないのかもしれない。ただ一つの安定の場所が欲しいだけなのかもしれない。ただそれとセックスが融合すると大変なことになる。


親や夫にDVをされた挙句、人をとにかく楽しませようとする人。

この人は人が笑っているという状態が快い。逆に人が笑っていない状態が怖い。自分に興味を持たず、離れていくかもしれないという恐怖が強い不安を呼び起こす。むしろ笑われている自分にしか価値がないと思っていたり、良い思いをさせないと攻撃される、という思いがあったり。

このひとの「心の穴」は「孤独」と「恐怖」。

周りを認知しなくて、気にしなくていいように目隠しをして、縄で縛り、そっと抱きしめて優しい言葉をかけ続けてやる。孤独で何も外部に干渉できない状態を作り出して、その状態で「それでもいいんだ」ということを伝えてやる。嗚咽を漏らして泣き始める。

場合によっては数度の後、一番汚い場所を「いい子だね、いい子だね」と犯してやる。

 

潔癖症

貴方のなら汚くないよ、でも怖い、と言い切る人には指を口につっ込む。徐々に馴染ませる。イキながら涙を流す。抱き寄せる。

欲求は「安心」と「人肌」「無力感の脱出」。

自分でやろうとしても乗り越えられなかったことを今この瞬間に乗り越えた。
褒め称えられるべきこと。大事なものが埋まっていく。

 

僕がそっち方面の仕事なので、トラウマ的な例がやはり多く浮かぶけれど
この例以外にも勿論沢山出てくるわけだ。


終わりに


その人の背景。その人の考え。表面に出ているものの裏にあるもの。
それらが「心の穴」を形成する。


そしてその穴は小さくなる、表面が滑らかにはなれど、決して埋まらない。

最初は泣いていたものが、徐々に最高の快感に変わっていく。

 

穴を優しく埋めるという行為はその人を癒し、マイナスをプラスに転換させる作用を持つ。


プラスになった後は穴を自覚して楽しめばよい。自分に空いた穴なのだから、自分が愛してやらないで、一体だれが愛してやるというんだろう。
ただそれに最初は気づくことが出来ない。視てくれる、与えてくれる人が現れて初めて気づくことも多い。
自覚して嫌になることもある。だが、自分の「心の穴」。

大事にしてあげて欲しい。


自分を大事にできない人は他人を大事にできない。


よく聞く言葉だが、本質的に理解できなかった人もいるはず。
でも今なら意味が解る筈。

 

自分の「心の穴」を守ってやれない人は他人の「心の穴」も守ってやれない。
自分の「心の穴」を埋める手段を持つ人は他人の「心の穴」を埋める手段になれる。
自分の「心の穴」を大事にできる人は他人の「心の穴」も大事にできる。

そう、そういうことだよ。

 

では、またの機会に。

ナイトコンダクターとは

ナイトコンダクターとは?

 

初めまして。

明城 こう (@kouchan_u) | Twitter

と申します。

まずは固定ツイートにお目通しを下さいまして、ありがとうございます。

 出会えた事を嬉しく思います。

 

さて、「ナイトコンダクター」という職業名ですが
皆様からすると聞き覚えがほとんど無いことと思います。

 「コンダクター」は「添乗員」・「案内人」・「指揮者」の意です。

合わせて夜の添乗員、夜の案内人、夜の指揮車。

夜の事柄で迷う人を適切な知識と心理アプローチを用いて導き、

共に歩む事が仕事です。

 

僕、明城 こうは

【性の事柄に関する総合プロフェッショナル】であります。

「ナイトコンダクター」は僕が作った職業です。

一言で仕事を表すにはこの言葉が的確だと感じました。
Twitterには近いハンドルネームの方が存在するようですが、

その方は職として行われているわけでは無く、

HNとして使っていらっしゃるようなので、

職業として名乗るのはおそらく僕が日本初となるかと思います。

 

基本的な性的技術に加え

・性的な事柄に関するカウンセリング

・BDSMを用いた抑圧された心の精神解放、感情解放

・催眠を用いた異常性癖の充足(適正次第)

・脳イキと呼ばれるオーガズム体験(適正次第)

・それらを総合したマルチプルオーガズム

・不感症治療

・オーガズム不全の改善

などを全て高水準で実行可能です。

 

しかしながら、依頼者様の素質にも左右されます。
不感症治療は即時可能なことが多いですが、オーガズム不全に関してはピンキリというのが正直なところです。

また、心理の改善、トラウマの克服などといった依頼になると
長期間の時間が必要となります。
重ねて、ご了承ください。

ご利用いただく場合は、焦らず、無理のない範囲でお願いします。

 

ご依頼に際しての料金はこちらをご参照ください。


少しでも興味を持っていただけた方はフォローボタンを。
自分には関係ないな、と思った方も、少しだけツイートを覗いてみてください。
もしかしたら気になる事があるかもしれません。

 


それでは、また。

twitter.com

こちらでお会いしましょう。

飲み物こぼしちゃった お皿割っちゃった

 

こんばんは、こんにちは、おはよう

明城 こう (@kouchan_u) | Twitter

です。


タイトルがやけに子供っぽい。
何故かというと、今日は子供時代の話をするからです。

ほんの幼いころ、まだ6歳になるかならないか。そんな頃のお話。

 

f:id:kouchan_u:20170708223755j:plain

 

少し前にこんなアンケートを取りました。
参加された方は思うところがあったかと思います。

参加しておらず、今このブログを読んだ人は、選んでみてください。

選びましたか?

 


よし、進みます。

お話するのは1番目の回答

「何やってるのよ!馬鹿じゃないの!?」
について。
三番目、四番目は次の機会に。

怒られる、行動を否定されることに「恐怖心」や「嫌悪感」を強く抱いている人がいると思います。
又は何かで失敗したときに、「自分はなんてダメな奴なんだ」と果てしなく落ち込んでしまう人達もいると思います。


大体は幼少期に「この怒られ方」をしたのが原因です。
この中での正しい叱り方は当然のごとく二番目の

「次からこぼさないようにきをつけようね」

ですね。
行動に対して指摘をし、その指摘のみで解決しているからです。

 

一方1番目の回答はどうでしょうか。
「何やってるの!」で行動を指摘し。
「馬鹿じゃないの!」で思想やアイデンティティまで否定しています。
つまり、噛み砕いて言えば「ジュースをこぼしたので人格否定をされた」

ということになります。

幼少期、頼れるものがいない子供たちにとって、親はいわば絶対的な「安全基地」とも呼べるものです。
その親が「人格を否定する」叱り方をすると、子どもは安心して「ここにいていいんだ」と思うことが出来なくなります。
大人になって上司から初めていわれるのとは話が別です。

 

そういった「安全な場所から突き放された経験」はショックな体験として頭の中に残ります。
無意識的に、この不快な状況を避けようと脳は活動を始めます。

 

例えば「怒られないように完璧を目指してみたり」

 

 

例えば「捨てられないように言いなりになってみたり」

 

 

例えば「見放されないように金品を貢いで必死に縋ってみたり」

 

思い当たる節、ありませんか?

幼少期の衝撃的な出来事は思考に強い影響を与えます。
そしてそれは、行動に影響を与え、環境に影響を及ぼします。


人を信じるより貢いだ方が楽だとか、

人を信じるより言いなりになっていた方が楽、だとか。

仕方のないことです。無意識がそう記憶しています。

 

もしひとを信じたい!こわいけど!

という気持ちが上回るなら、まずはその無意識の部分を優しく包んであげなければいけないわけです。


もう傷つかなくていいんだよ、という形で。
それが出来るのは、自分の中の母親的部分であったり、他者の母親的部分であったりします。

そして多くの場合、他者の母親的部分に触れた方が確実です。

裏切られるかも、また離れられるかも、当然付きまとうことでしょう。
充分に信頼している相手か、絶対に攻撃してこないことが解る相手にそれを任せれば
いずれ、いい結果は得られるかと思います。
無意識に根差した思考はなかなか変えられません。大丈夫大丈夫、と、繰り返し仕込んでいくことが、地道ながら近道だったりします。

自分がもし親になったり、部下を叱るときは、
子どもを傷つけないように、二番目の方法で叱ってあげてくださいね。


今回ははここまで。

明城 こうでした。

twitter.com



 

カウンセラーに人の気持ちはやっぱりわからない

こんばんは、こんにちは、おはよう。
明城 こう【HfL専門心理士】 (@kouchan_u) | Twitter

です。

 

使い方が分かってきたので 文字の やら

リンク やらを挿入してどやどやとしています。
携帯覚えたてのおじいちゃんみたいになってる。


僕は人の気持ちがわかりません。

 

「えっ カウンセラーのくせにわかんないんですか」

言われます。くせにって言い方やめてください。

「カウンセラーって人の気持ち読めるんですよね」

 

読めません。エスパーじゃないです

「人の気持ちも分からないのにこんな仕事やってるんですか」

 

やめて!たたかないで!

というのは冗談で。
人の気持ちがわからないということをわかっていないと

そもそも成り立ちません。この仕事。

 

僕はあなたじゃないもの。

 

おんなじ感覚を「解る」ことが出来るのって
記憶も、食事も、会話も、今の今まで一つ違わず生きてきた自分のクローンしか
無理な話なんですよ。

それを安易に

「うんうん、きもちがわかるよ」

だとか

踏み込まないうちから

「つらかったんだね、もうひとりじゃないよ」

だとか。

 

お前は何が分かったんだと。

 

そもそも「つらい」という気持ち一つでも感じ方に差異があります。
今まで経験してきたことや、脳の構造、その日の体調によって

同じ「つらいこと」でも「そっかぁつらいねえ」程度の辛さだったり

「無理…生きていけない」といった辛さだったりするわけです。

おんなじ感覚は理解できません。無理。

 

なので、推測して、状況を思い描いき

「ああ、辛いなぁこれは、ストレスを受けやすい人だから余計に重い気持ちになるだろうなぁ」

ということを考えて、

ようやく「それは辛そうだね…」という言葉に繋がる。

 正確には、同じ情景を観ようとしているから、零れる。

 

わかれたらいいなぁとは本当に思う。
でも、分からないものは分からない。あくまでも第三者的な立場からの

共感しかできません。残念ながら。


いろんな人に悩みを話しながらも

「どうせあなたには分からない」みたいなことを思っている人は、たぶんここで引っかかっているのだと思います。

違和感感じるよね。

カウンセラーに対して「知ったような口をきくな!」と思うときがもしあるのであれば、そのカウンセラーには会い続けない方が良いです。

大事なことを理解していないのでいつか深く傷つく瞬間が来る確率が高い。

 

なので、明城こうは、というか、一般的なカウンセラーは

「わからないなりに努力して感覚を近づけます」。

そうすればあなたが見ている、映っている世界により似ているものを見ることが出来る。

エスパーではなくてごめんね。
超能力が使えない代わりに努力と誠意で補うので、大目に見てやってください。

…うわぁ胡散臭い。笑

 

今回はここまで。

明城こうでした。

twitter.com

出会い厨とそのカモの皆さん

こんばんは、こんにちは。

今起きた方はおはようございます。


ナイトコンダクター・夜職専門心理士の明城こうです。

今日はこんなお話。

 

f:id:kouchan_u:20170621003309j:plain

 

チャットアプリで知り合った男性が
「話し方と言葉の使い方が良い感じ」

で抱かれてもいい気がしている。

思い当たる人いますか?
そんなに多くはないけれど、いると思います。
それか昔、もう通っている道だ、という人もいらっしゃるかもしれません。

 

気持ちとしては本当に「抱かれてもいいかもしれない」という気持ちがあるのだと思います。

言葉でもいい雰囲気を醸し出せて、話し方にも好感が持てる。
しかし。

 

多くの場合、こう思ってしまうのは「寂しいから」に他ならない。
相手が構ってくれそうだからですよね。

いくら何でも判断材料が少なすぎる。文章なんていくらでも人をだませます、って、ネットで文章書いて信頼を得ようとしてる僕が言ったら本末転倒なのだけれど…笑 

そこはおいておいて。

それ以外の要素、出てくる?

いい感じ、優しそう、それ以外の部分はしっかり見えているんだろうか…?


この子はお話をすると、自分に時間を割いてくれる人が好き、と言ってくれました。
ということは、時間さえかければ誰でも手が出せる

ということになります。無論、清潔感云々は当然クリアしているとして。



お察しの通り、このタイプの人はハッキリ言ってチョロイです。
構ってやって適当なタイミングで

「寂しいね、でも大丈夫だよ、僕がいるよ」

なんて言葉をかけると二言目には「ほんと?」
「うん、ほんとだよ もう大丈夫 一人じゃないよ」
「嬉しい…寂しかったよ…」
「すきだよ」

「あいたいな」


となります。そんな事あるの?と思うでしょ?あるんです。
少なくとも僕が「空虚感から」女の子を食い漁ってる時期は垢ぬけない顔してても、お金が無くてもこれだけで入れ食いでした。

このながれだけでオナホ完成。

そして場合によっては食事代も宿もつきます。
オナホです。

残念ながらオナホです

三食昼寝付きオナホ。


中身を特にみることもなく、寂しさにつけ込んで都合のいい性欲処理機として完成して終了。


でも私は出会わないから大丈夫だし

 

うん、大丈夫でしょうね。現段階では。

 

大前提として、チャットアプリや出会い系に登録している男、というのは基本エロ会話かセックス目的です。
そりゃあ真面目に出会いを探しているかもしれない。
しかし、身体の関係を抜きにした男が出会い系に登録する、なんて話はあまり聞いたことがないんですよ。
僕の周りで始めた人は全員が身体目当てかつ、あわよくば趣味が合うセフレ、そうでなければ都合のいいオナホを探しているのが現実。

 

仮にいたとしてもトキワのもりでピカチュウにであうとか
川でヒンバスが連れるだとか。おそらくそんな確率。

期待したい気持ちは汲みたいです。きっと縋るような思いもあるのだと思います。
けれど確率が低すぎる。それに賭けるのは現実的とは言えない。
利用される確率の方が圧倒的に高いので、損はしてほしくないんですよね。

 

話を戻しましょう。

セックスにありつくことが目的の男が、「出会わない」女に構い続けるメリットってありますかね。
彼らはオナホが欲しいんです。彼らは中身を見ていない。

そして彼女は構ってほしいんです。彼女に中身は見えていない。

見えていないのは見ていないのと一緒です。

 

両者とも実は同じことをしてるんですよ。お互い相手を見ていないのに自分の欲求だけはしっかり通そうとしてる。

 

類は友を呼びます。


相手のことよりも、自分は性欲処理がしたいし

相手のことよりも、自分は構ってほしい。

女性は蔑ろに扱われるべきではないですし

人の時間は無限ではありません。

 

厳しい話になりますが、

ヤリたいだけの男からすれば

話が長くて簡単にヤレない女に構い続けるメリットはないです。
フェードアウトしていきます。だって時間の無駄だもん。

人によってはそこで身体を許すことで一時的に寂しさを埋めたりします。

でも、お互い相手を見ていない者同士なので、感覚が埋まることはありません。どっちも「何かして欲しい人」なのだもの。

「何かして欲しい人」と「何かして欲しい人」が関わると、話がすれ違います。

 

「何かしてあげる人」と「何かして欲しい人」が関わると、見返りがない限り次第に「何かしてあげる人」は疲れてどこかに行ってしまいます。

 

「何かしてあげる人」と「何かしてあげる人」が関わると、それはそれは

良い関係が築けます。

 

でも、「何かをしてもらった」っとしっかり感じられた経験が積み重なっていないと

人に「何かをしてあげること」って難しいんですよね。
例外があるとすれば、明らかに自己肯定感が低いか、過去の体験をやり直しているか。


これはホスト通い辞めたいのにやめられない人に多かったりするんですが。

自己肯定感が低すぎる、自尊感情が低すぎるがゆえに「こんなことをしてもらう価値はない」「こんなにしてもらって申し訳ない」「出来ることで返さなきゃ」と半ば強迫的な返報心理に駆られたりします。

 

その話は、また後々。


文章の雰囲気は作れます。
この文章だって、書き方で全く違う文になる。

それで「いい印象だなぁ」「悪い印象だなぁ」

と評価が振れていくわけです。


素性がしっかりしていない人に寂しいというだけでついていかない。
「やさしそう」という感性、人を信じようとする姿勢は素晴らしいけれど
いくら何でもそれではチョロすぎます。

寂しさの衝動から、損をしないようにね。

 

今回はここまで。
カウンセラー(出張ホスト)の明城こうでした。
またお会いしましょう。

 

不信感とはなにか

おはよう、こんにちは、こんばんは。

 

twitter.com

明城こうです。

今日は日差しがひどい一日だった。日焼け止めそろそろ買わないとまずいね。

 

 

不信感。

不信感というのは文字通り「信じられないと思う気持ち、感覚」のことを指す。

人を信じられない。

信じたくても信じられない。
そんな人たち向け。

カウンセラーと不信感

 

カウンセラーにとってクライエントの信頼関係は切り離せないものだ。

クライエントから信頼を得られないことには、良好な関係性が築けない。
信頼が強い状態で一度会うのと、信頼が弱い状態で一度会うのでは、同じ一度でも会っている時間の質に大きな差が生じる。
濃く、有意義で、楽しい時間を過ごすためには信頼の形成が必須となる。

 


不信感が強い人は他人をよく観察している。

相手の「どの行動が」「どの発言が」自分を傷つける恐れがあるか察知しているからだ。

逆に言えば、それだけ相手の求めていることや相手の状態を「解ろうとしている」という状態である。

それ故、

不信感がある程度解消され、信頼感を獲得した暁には、この面がプラスに働く。体調を気遣ってくれたり、時間を気にしてくれたり。


ガードが堅い人がふたを開けてみると優しかった、というのはかなりこれに近いかもしれない。

そして、「他人にどう思われているか」を多くの人より強く意識している場合が多い。

不信感を解消できれば当然良好な関係を築ける。

先も述べた通り、信頼が強い状態で一度会うのと、信頼が弱い状態で一度会うのでは、同じ一度でも会っている時間の質に大きな差が生じる。

では、このプラスに転じれば素晴らしい気遣いとなる不信感にどのようにアプローチをかけていけばよいのだろう。そもそも不信感とは何なのだろう。

 

 

不信感とその種類

 

人とかかわったり、会話を重ねたりするうえで

「これはいやじゃないかな」、「嫌いにならないかな」

といった申し訳なさからくる感情だったり

「どうせ信じられない」、「早く○○と言え、騙してると言え」

といった攻撃的な感情が出てきたり

「信じられない自分が嫌だ」「裏切られるのが嫌だ」

といった否定的な感情が出てきたりする。

これが不信感。いわずもがなだろう。

 

不信感は大きく二つに分けられると思われる。

・「傷つくかもしれないことから身を守るため」の不信感。

・「自己嫌悪からくる」不信感。

この二つだ。

 

 

「傷つくかもしれないことから身を守るため」の不信感

 

過去に裏切られたり、暴力を振るわれたり、いじめられたり。そんなことがあったのですごく辛く苦しい想いをした。もう嫌な思いはしたくない…
そうか!最初から信じなければ裏切られることもないんだ!

というのがこのパターン。

誰も信じられない、というより、誰かを信じた後に嫌な思いをする可能性がある事が嫌、といった感じだろう。

もう嫌な想いをしたくない、という気持ちが強ければ強いほど、他人とは距離を取ろうとする。接触をしないのだから嫌な想いをすることもない。

 

しかし、距離を取った結果、今度は他人から分離した感覚が強まる。

嫌な想いをしたくないと他人と距離をとればとる程、世界から切り離されたような、寂しさや孤独感の中でふわふわと漂うこととなる。

その葛藤の中で「一人は楽だけど寂しい、だけど人を信じられない」といった言葉が生まれたりする。

 

守られているが、孤独。

伝わる人には伝わると思うが、MOTHER3で「絶対安全カプセル」に入り込んだポーキーのようなものだ。

 

f:id:kouchan_u:20170529232039j:plain

 

絶対安全カプセル」は、どこからもカプセルの中身に危害を加えることが出来ない。カプセル内部の安全が完全に保証される優れものである。

その代わりに外界に自分が干渉することが出来ず、外界もカプセルの中身が暴れだすなどの心配から守られ、危害を加えられないといった、双方の意味で「絶対安全」のものである。

極端に言ってしまえばこのような状態である。

(ゲーム上では開閉スイッチが外にしかついていないため出ることが出来ない…笑)

 

なので、解消をするとすれば、まずは通信機か何かを使ってカプセルの内部に優しく語りかけ、カプセルの外に右手一本でも出してもらうところからがスタートとなる。

果たして可能なのか、という話だが、分離感や不信感にさいなまれている人自身が

「人を信じたい」

「自分自身に優しくしたい」と思うことが出来れば、するりと解決したりする。

後は外の世界にそっと、時間をかけて出て来て貰えばよい。

 

 

「自己嫌悪からくる」不信感

 

過去に嫌な思い出があった、という訳でもないのになぜだか人が信じられない…

なんとなく。本当になんとなく。漠然となんだけどね…

というのがこのパターン。

自分に強いコンプレックスがあったり、失敗が多いなどのイメージが先行して、ひどい自己嫌悪や自尊感情の低下が起こると

「こんな人間は必要とされていない」

「ダメなところしかないので好きになってもらえるわけがない」

という発想に陥る。自己不信感を他人に投影した結果の不信感である。

どこかで嫌なことをされる自分が悪い、興味を持たれない自分が悪い

などといった想いを抱いている確率が高い。

 

解消を目指すのならば、まずは自尊感情を養うところからスタートである。生きているだけで尊重される、というのを大げさなくらいに染み込ませないと「存在価値が感じられない」ために延々と自己不信感を奥深く広げていく。

「自己嫌悪からくる不信感」は、自己不信感の他者への投影なので、他人がどうこうする、というよりも、ダメな自分を許してやるというプロセスが必要になる。

 

自分を許すというのは難しいものだ。

人は気づかないうちに、自分には許されないものや、自分は我慢しなければならないものを何故だか増やしていく。

それは恋であったり。

対話であったり。

趣味であったり。

仕事であったり。

学歴であったり。

体型であったり。

性格であったり。

好きなものは好きでいい。なりたいものはなりたいでいい。今あるものは持っているものが全てなのだから仕方がない。
そのように自分に許しを与えられたときに、このタイプは解消に向かうと思われる。

 

 

 

 

 

これで万事解決、この通りに行けば不信感から脱却できる!

と声をあげたいところだが。

他人を今まで信じられなかったことの弊害により、心の中に積もり積もっているものがある。

復讐心だ。

 

 

不信感と復讐心

今まで他人をうまく信じられなかった。他人を信じないことによって、他人からどのような目線を向けられただろかう。

「お前のことが信じられない」「あなたは信用できない」と声を大にして言われて、プラスの感情を持ってくれる人なんてそうそういないだろう。

 

当然不信感を持つものからすれば、精いっぱいの外部への接触である。

しかし、多くの場合は

「じゃあもういいよ」「あっそう」と放られてしまうか、「傷ついた」「悲しくなった」という反応が返ってくる。

 

僕も残念ながら悲しくなってしまうタイプの人間だ。

 

相手を信じられないことにより、自分の中の辛さは自分自身の中に溜まりに溜まり、行き場をなくす。

その行き場がなくなった感情が本人の意思を半分無視した形で「ひねくれた態度」であったり「攻撃語」へと転じ、相手に刺さるものとなるのだ。

そうして「傷ついた」「悲しい」という反応を得られた不信感を抱えた者は、復讐心を満たしてしまう。何かが解決したような気持になってしまうことがある。

 

だが、この復讐心は後に、罪悪感となり真綿のように首を絞めつける。

相手の復讐心をうまくいなし、ポジティブワードをかけ続けることが不信感解消のキーとなるだろう。

 

 

さいごに

長々と文字を連ねてきたが、不信感をもっているからダメだ、とか、復讐心があって他人を傷つけているからダメだ、とか、そういう説教がしたい訳ではない。

 

自分がなぜ不信感を持っているか、攻撃をしてしまうのか

をしっかり咀嚼し、誰かと一緒に対策を練っていくことが不信感解消につながる。

その誰かが一般の人でも、専門の人でも。受け止めてくれる人と一緒に。一人ですべて成し遂げようとしないことが大事だ。

しかしながら、一般の人は不信感を解消する過程で潰れてしまうことも多い。

できる限り専門者と一緒に行うことをお勧めする。

 

 

では、またの機会に。

マゾヒズムという進化と敗北

読者がもしいるのなら、おはよう、こんにちは、こんばんは。

書きたいことを一文にまとめたら、とっつきにくいタイトルになってしまった…
タイトル付けのセンスはないなぁ、と思う。
自分にとっては重要なことが多すぎる。
人によってはそれを取捨選択が出来ていない、と取るのだろう。
実際自分でもそう思う。書こうとしていることは同列の重要性を秘めている。
しかし、序列をつける必要性などもとより無いのかもしれない。
ブログの書き始めに断っているとおり、これは僕が書きたいことだけを書くブログだからだ。

書きながら思考の整理も兼ねている。読みにくくても文句は言わないで欲しい。

マゾヒズム

1886年に「性の心理学」でクラフト=エビングが概念として提唱した、性的倒錯のことを指す。オーストリアの作家、ザッヘル=「マゾ」ッホに由来してこう呼ばれることとなった。マゾヒズム的思考、嗜癖を持つ人の事をマゾヒストと呼ぶ。

マルキ・ド・サドはなじみのある名前だが、マゾッホに関してはなじみがない、というのは僕だけだろうか。

性の心理学については原著をあたっていないので偉そうに語る事は出来ないので、読んだら偉そうにに語らせて欲しい。笑


僕はマゾヒストを「進化した人類」と捉えている。進化の産物なのだから、偉大だ。
先天的にしろ、後天的にしろ、現実に対する抵抗力の一つを身に着けている。

 

マゾヒズム、マゾヒストは「心理的及び物理的に過酷な環境(環境からの暴力)に耐えうる」の進化の産物なのだ。
環境に適応しない生物が絶滅していくのと同じように、環境に適応するように生物が変遷していくのは当たり前のこと。

 

今のご時世、何かとストレスが顕在化してきている。

社会での重圧。学業。経済的問題。友人関係。親子関係。

出世のために蹴落とさねばならない。いい成績を残すために他者に勝つ。良い旦那を貰うために美を磨く。

勝つにしろ負けるにしろ、その時に突き付けられるのは、優れた他者という環境からの暴力そのものであるとも言い換えられる。

セックスにはある種の暴力性が付きまとう。
どちらかにほぼ確実に受け攻めの構図が発生するからだ。
セックスを通さない暴力は言わずもがな、見て取れる通りに力の押し付けである。

これらの環境で「辛い」とそのまま受け取るか「快感に変換もしくはノーダメージに変換できるか」という話だ。

頑張り屋さんや出世している人、能力が高い人こそマゾヒズムを有していると僕は思っている。
もちろん、マゾヒストだからと言って負けるということが総じて気持ちの良いコトではないのは確かだ。

 

よく言われるソフトSM、などというものは、セックスの中にある暴力性を快感として変換したそれである。

軽い手足首の緊縛。アイマスク。視姦。言葉責め。放置。首絞め。
これも軽い程度で 自由を奪われ、感覚を奪われ、羞恥に晒され、尊厳を奪われ、接触を奪われ、命を奪われる。

そんなことの現れに過ぎない。
ハードSMはどうだろうか。
鞭打ち。水責め。針責め。臨死調教。
全てがやりようによっては命にかかわる事である。しかし、それすらも快楽に変換できる、して欲しいと思う人もいる。

そしてそれを快楽に変換するということは、すなわちその瞬間、その行為において「負けることを容認している」ということに他ならない。そして、負けている状態に対して否定的な感情を抱いていないことも多い、ということである(快感はさほどなく悔しい思いをするのがとてもいい、という場合もある)。

 

人の数だけ性癖も、マゾヒズムもある。

痛いこと、苦しいこと、恥ずかしいこと、辛いことに耐えている自分が好きだったり。それ自体が快感だったり。乗り切った先の報酬が嬉しかったり。痛いという感覚だけが頼りだったり。好きだから捧げるという願望のそれだったり。

そして、それをして欲しい、と望む自己破壊的な側面。対照的に依存した側面。

 

テンプレート的なSMプレイはあれど、一つのSMは一つの関係でしか描くことが出来ない。

クライエントとのプレイも当然だ。
一言でこれをしてきましたといっても、その人と僕だけの流れが確実に存在するし、その真似、模倣はほかの人では出来ないし、仮に出来たとしてもしてほしくない。

 

「ストレスのはけ口としてのSM」

ということも、もっと浸透してもいいのかもしれない。

勿論、辛くなくてもSMという精神的な遊びの世界に踏み込むのは大いに結構。

素晴らしいことだ。

 

僕はマゾヒストを尊敬する。その敬意の上で、抗えない「力」となりたい。

 

こんなところか。では、また気が向いたら。

twitter @kouchan_u