八重枕CADABRA

読んだよってメンションがあると射精しがちなブログ。初めての方は「当ブログについて」を参照ください。

【雑記】「人間」をやりたい

こんにちは、明城です。

内容特に決めずに雑記を書くシリーズ。

ブログを充足すると決めて二ヶ月ですが、うん。なかなかまとまって記事を書く時間は取れないね。
この辺に本の概要とかのせていったらいい感じになるのかもしれんけど、ちょっとそれはめんどくさい。

怒涛のお知らせラッシュも終わり、今は少し時間があるのでこうして雑多な文を打っている、というところです。
もう大規模なお知らせはそうそうないんじゃないかなぁ…
と思うとすぐに大規模なお知らせが必要になったりするので、気はあんまり抜けないんですけどね。

「人に話しかける」感覚で今回は書いてみようかと思います。
ほら、このブログ。記事によって語尾やらなんやら色々違うじゃないですか。
統一感ないなぁと自分でも思うんですが、気分によって「敬語」の時と「そうでない」時があるんですよね。その辺は容赦してもらえると助かるところです。
うーん、でもこの感じだと、敬語がスタンダートになっていくような気がする。

うん、当たり障りなく、感じもいいしね。

 

閑話休題。

 

先日、依頼でとあるかたとお話をしていた時に

「明城さん、神様か何かじゃなくてちゃんと人型をした人間だった、よかった」
とケラケラ笑いながら伝えられました。
「ナマズ」(写真写りがデブ)やら
「チンアナゴ」(アレが可愛いサイズの意)やら
「人型魔王」(デスピサロじゃないほう)やら

散々な言われようですが、ここに神様が追加された瞬間でした。

こういうあだ名がつくのは面白くてなかなか良いものですが、普段は至って人間のつもりなわけです。
ただその方が仰る曰く「Twitterの明城さんと直接話した明城さんは別物」とのことでした。実際の方がよほど愉快で面白いのだとか。
多分Twitter、怖いんだと思います。基本真面目な話ぶっ込みがちですし。
いきなりネタツイートに走る時もあるけれど、基本的には解説系が多いのもあります。
そりゃあ固く取られて当然。Twitter下手くそだなぁ僕。

んで柔らかく書こうとしても結局こういうクソ真面目な文になる。


冗談じゃないんだよ!本気で言ってんだよ!君達は茶化して笑うでしょう!!もう!!

 

www.youtube.com

 

単に好きな曲。よかったら聞いてください。


今年度の目標は変に「神様」だと思われずに「人間」だと思われる。これですね。
その上で「発言力」を維持したい。

そのためには少なからず「人望」を獲得する必要があります。

ただコミュニティの関係上、「人望」と「人気」が混同しやすい。
この二つは似て非なるものであるので、「人気を得つつ」「人望もある」という状態を作り出すことができます。「人気」だけではダメ。

人気だけだといわゆる「ドーナツ化現象」を引き起こします。
ワーワー言われてるけど気が付いたら周囲に誰もいない、虚像が崩れた瞬間に終了するパターンのアレです。
そのような人間関係ってやっぱり遠くて、極めて短期的で影響が少ないんですよね。

偶像的な意味合いはもちろん持つので、そう言った意味での影響は軽視できませんが。


「明城こう」って、感じられている方もいると思いますが
すごく特殊な職業なんですよ。
実像と虚像の中間にいて、両方の側面を兼ね備えているというか。
「本物」であり「演技」なんですよね。実生活が「明城こう」に飲まれてる感じも少なからずあります。全然悪い気分ではない、むしろいい気分な訳ですが。
「本名」の部分と「明城こう」の部分が交互作用を起こしている感覚。
1人なんですが2人いるような。でも分離はしていなくて、明確に1人。
そんな虚実が表裏一体であるので、「虚像の部分」だけであれば「人気のみ」で生きていけるわけですが、「実像」が噛んでいる以上「人気のみ」では生きていけない。「人望」は避けて通れない道なわけです。

すごく抽象的な表現になってしまっている気がする。笑

 

とっつきやすい状態で人望を得て生きたいんですよ。
そりゃあ今でも一定は得られていると思いますが、もっと大局を巻き込むような。
ExistでなくInvolvedが理想形。

親しみやすいTwitterかぁ。けれどしまりがあって…ううん、難しい。

そんな話を思い浮かべると今度は「九徳」という概念にぶち当たります。
九徳とは。

1 寛にして栗(寛大だが、しまりがある)

2 柔にして立(柔和だが、事が処理できる)

3 愿にして恭(まじめだが、丁寧で、つっけんどんでない)

4 乱にして敬(事を治める能力があるが、慎しみ深い)

5 擾にして毅(おとなしいが、内が強い)

6 直にして温(正直・率直だが、温和)

7 簡にして廉(おおまかだが、しっかりしている)

8 剛にして塞(剛健だが、内も充実)

9 疆にして義(強勇だが、義しい)

の事を指します。これが全てできれば人徳おばけ。ここまで良い人もそうそう少ないでしょう。
大好きな先輩や上司、友人、後輩がいるとすれば、この中のどれかの要素は必ず持ち合わせているはず。浮かびませんかね。そうそう、あの人です。



「この人と一緒にいるとなんかめっちゃいい」状態。
けれど刺すべき所は刺す。それでいて驕らず自己研鑽に努め、道を違わず優しくあれ、と。

一年以内に「これらすべて」を目指したい所です。

めざせおばけ。
脱第一印象神。
がんばれ人間。笑 そしておはよう親しみやすさ。


周りの人がニコニコしてるとやっぱり僕個人としても嬉しいものです。
20代も折り返し。ペーペーは今年も頑張ります。少しだけ無理をして。

頑張ってカタカタするのも趣旨とずれるので、今日はここまで。
いい日になりますように。


 


ビリーヘリントン氏が交通事故でなくなってしまったそうです。本当に悲しい。
一度お会いしたことがありますが気さくな方でした。兄貴とのハイタッチは思い出。
レスリングは完全に世代…ううむ…直接接触してるだけにかなり堪えるなぁ。
日本の若者世代の「ゲイ」に対する偏見を取り去る一因になった人だと勝手に思っています。

怒ってもいいようなところを積極的に悪ノリしてくれた歪みない方でしたね。
僕自身は恋愛対象が女性ですが。間違いなく人格者でした。


安らかなご永眠を心からお祈りします。