八重枕CADABRA

読んだよってメンションがあると射精しがちなブログ。初めての方は「当ブログについて」を参照ください。

誰かに届け(紅稀)

こんにちは。紅稀です。


ブログを書こうと思うのに、話題は無いし、書くととっ散らかるので悩んでます。

そしてタイトルも思いつかず、頭の悪さが露呈しています←

 


せっかく、全く別の界隈から来たので、マスターと会うまで、会った後の事を詳しく書いてみようかと。これで、マスターに会うか迷ってる方の後押しになれば嬉しいな…♪

 

 

マスターをフォローしたのは約1年前(実はかなり前からフォローしてた)。当時のフォロワーさんのいいねで流れてきたのがきっかけでした。この人面白いな、言ってる事が的を得てるなと思いフォローをし、たまに流れてくるツイートを眺めてました。そこまで追うわけでもなく、自分のTLにツイートがあれば見る程度。相談するような事も、悩みも無かったので、話してみたいとは思ってましたが、眺めるだけでした。

 

 

連絡を取り始めたのは9月。

私には、学生時代ずっと好きだった幼馴染がいました。幼馴染なだけあって、仲は良いです、今でも。歴代の彼女は全員知ってるし、恋愛相談も人生相談も幾度となく乗りました。そんな事をしているうちに、「私はこの人と手を繋いだり、キスをしたり、セックスする事が出来るか?いや、想像出来ない!」と思った瞬間に、気持ちが冷めたのです。


ところがある日

 

 

 

 

 

「俺、結婚した」

と連絡が来ました。

 


まさかの事後報告ですよ。

何故か分からないけど、涙が溢れ、訳の分からない感情でいっぱいになりました。

その時からずっと、何故泣いたのか…吹っ切っていたはずなのに、とずっとモヤモヤしていました。


話すきっかけになるような事があるじゃん!と思い、その事をマスターに話してみたら、私の胸にストンと落ちる返事を頂き、「そ!れ!だ!」ってなりました(笑)

何故泣いたのか、私がはっきり言葉に出来なかったモヤモヤを明確に言葉にしてくれたので、スッキリしました。


そんなやり取りをしていると、西日本遠征が決まり、私も他の人みたいに、色々思考を読まれるのかな?Mの要素あるかもしれない、会ってみたいな!という好奇心から依頼しました。

 

 

 

私のマスターの第一印象は、Twitterよりも子どもっぽいな、でした。ただ、どのジャンルの話を振っても楽しく話が出来て、時間を忘れてひたすら話をしていました。真面目な話はもちろん、くだらない話でも…それは今でも変わらないですが。

さらに、私の知らなかった世界を教えてくれました。心理系はかじった程度だったので、私のペラッペラな知識を多少埋められました。見方ややり方も少し教えてもらいましたが、到底真似出来るようなものではなかったです(笑)


そして、マスターからの私の印象は「元気!隙がない!強い!勝てない!」だったそう…(笑)

 

 

マスターへの依頼は、簡単じゃないと思います。学生なんて特に。私は今でこそ、それなりにお金を頂いていますが、学生時代は時給700円とかで働いてました。4時間働いても、1時間電話出来ないんですよ!?←

 


そんな話は置いておいて。

 


何かを得たい。自信が欲しい。◯◯症(癖)を治したい。SMがしたい。依頼理由は様々です。私なんて、ただの好奇心でした。

なんとなく会ってみたい、でも私は良いと思います。会う事によって、何かが見つかるかもしれないし、見つからないかもしれない。見つからなくてもいい、見つかったら万々歳くらいの気持ちでも構わないんじゃないかと。


全く同じ話をしたところで、受け取り方は人それぞれ。何を得るかも人それぞれ。

人によってはお金の無駄になるかもしれないけど、全く無駄な経験にはならないと思います。

 

私なんかはそうですが、一種のアトラクションのようなもの。お金を払って楽しい時間を得ているだけです。


マスターへ直接連絡を取るのにハードルを感じる方は、私に言ってもらっても構いません。それで依頼に繋がろうが、繋がらなかろうが、何かのきっかけになるのであれば、ドールになった甲斐があります。

 

 

まとまらなくなって来たので、この辺で…何か思いついたら書きます、たぶん(笑)


紅稀。